• お中元とお歳暮の違いについて

    • 日頃からお世話になっている方に感謝の意味を込めておくるものにお中元とお歳暮がありますが、この違いは季節だけでなく品物なども少し違っているようです。

      お中元には元々は中国の道教の習俗の一つになっていて、7月の15日に行われていたものと、仏教の盂蘭盆絵が混ざることによって出来たとされています。祖先の霊を供養する日となり、江戸時代以降になってから盆の礼として、親戚やお世話になった方々に贈り物をするような習慣へと変化しました。

      安心できるお中元の最新情報が知りたい方にはこちらです。

      お歳暮に関しては、お中元と違って一年の締めくくりとしてのお礼の気持ちということで、江戸時代に店子や商人などが店舗を借りている長屋の大家さんや取引先に贈り物を持参したのが始まりになっています。

      脱毛で人気の銀座の肌クリニック情報のご紹介です。

      品物についても、毎年猛暑が続いているシーズンになるお中元は上位には、ビールやジュースなどの飲み物が人気となっていて、お歳暮は寒い季節になるので鍋に最適のカニやふぐなどの海産物が多く出ています。
      ただし相手によっては、好みがあって苦手な物を送ってしまうと迷惑になってしまう可能性もあるので、ある程度事前に好みなどを知っておくことが大切です。



      賞味期限が短いようなものや生物などの場合は、受け取る側が在宅の時でないと困ってしまいます。そのようなことがないように、どちらの場合でも事前に相手先への配慮が行き届くようにしておくことが必要で、そうした細かい部分が今後のおつき合いに繋がっていくことになります。

  • お中元関係の情報

  • お中元の知りたい情報

    • お中元の成り立ちと注意点

      日ごろお世話になっている相手に感謝の気持ちを込めて贈るお中元は、誰もが知っている慣習ですが由来は意外と知られていません。もともとは中国の風習として伝わってきました。...

  • お中元の注目情報・お中元の特徴

    • お中元は相手への感謝の気持ち

      お中元を送るのなら、早めに準備をしなければいけません。相手の好みや家族構成に合わせて品物を選んだり、送られてきたものへのお礼なども考えなければならず、とてものんびりしていられないので大変です。...

    • お中元を贈る時期はいつ?

      気温が日に日に高くなり夏が近づいてくると、よく耳にするのが「お中元」です。しかし、実際にはどんなものか知らないという人も多く、特にいつ送るべきなのか迷う人も多いのではないでしょうか。...