引越し時に注意したい原状回復とは

原状回復とは、賃貸住宅などを引っ越して退去する際に、入居した時の状態に回復させることを意味します。

建物や設備は経年劣化によって自然と老朽化するため、入居者が退去したあとの部屋はある程度の修繕が必要です。日常の生でできた自然な摩耗や経年による老朽化は、基本的に貸主側の負担と考えられています。しかし、飲み物をこぼしてできたシミや重い物を落としてできた傷、壁の落書きといった借主側に責任がある劣化については、借主に原状回復の義務が生じる場合があります。様々な要因による消耗や劣化については、借主と貸主の回復義務があいまいになってしまい、トラブルに発展することも少なくありません。

請求される費用は最大でも家賃の2ヶ月から3ヶ月が一般的と言われているため、貸主から過度の請求があった時は弁護士のような専門家に国民生活センターや弁護士などの専門家へ相談を行いましょう。費用が請求された時、もし賃貸契約時に敷金を支払っていた場合、そこから費用を差し引かれることになります。

原状回復とは貸主と借主の考え方が異なる場合も多く、トラブルにならないために国土交通省によるルールが設定されています。一般的に壁が目の日焼けやフローリングの細かな傷などは自然消耗にあたり、耐用年数を超えたことで発生した設備の破損も借主に原状回復義務は生じません。つまり借主が負うべき原状回復義務とは、自らの過失による傷や破損のことで、通常の生活を行った上で生じた劣化や老朽化については回復させる必要がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *