原状回復の費用を抑えるには

マンションなどを借りた場合には退去時に入居者が原状回復費用を支払うことがあります。

通常の使用や経年劣化による損耗・毀損は貸主が負担するのが基本です。毎月の家賃には修繕のための費用が含まれています。ただし特約で入居者が原状回復費用を支払うとすることもできます。この場合は入居者にとって一方的で過度の負担にならないよう注意が必要です。入居者にとって不当に不利な特約は違法・無効とされます。故意や過失によって損耗・毀損が生じた場合は、善管注意義務違反による債務不履行なので基本的に入居者が原状回復費用を負担します。善管注意義務とは社会的地位などから期待できる通常の注意義務のことです。

全ての費用を含めた相場は家賃の2か月から3か月分とされています。なるべく安く原状回復工事を行うには、貸主との交渉を有利に進める必要があります。交渉をスムーズに行うためにも、まず退去時の清掃はしっかりと行ってください。貸主は原状を確認するため部屋に入ったときの印象で金額を決定することがあります。日頃の手入れを欠かさず行うだけでなく、原状確認の前に念入りな清掃を行えば安くすることができます。

故意や過失で損耗・毀損が生じている場合は、予め把握して貸主に伝えておくと交渉がスムーズになります。自分の責任で修繕する部分を明確にすることが重要です。国土交通省では退去時のトラブルを防ぐためにガイドラインを策定しています。交渉を有利に進めるためには、ガイドラインをしっかり理解しておくことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *