マンションのローンは組みやすくなっています

ここ最近になって、マンション経営をするためのローンの審査が甘くなってきているそうです。

その理由はわかりやすくて、景気が回復してきているからだと言えるでしょう。例えば、頭金のないフルローンを組んだ人もいます。全体的に見て融資の基準は甘くなってきていると考えるのは妥当なことです。景気が悪い状態の時には、金融機関は貸し倒れになるリスクがあるために、積極的に融資を行うことはありません。むしろ、貸し剥がしなどによって、今まで化していたものを取り立てるようになることもあります。

ここ最近では景気回復の兆候が見えてきましたから、金融機関としても積極的に融資を行っていこうという姿勢が見えてきたものと考えられます。景気が回復してくると不動産需要も高くなると考えられます。資金は株式などに流入するとともに、不動産にも流入し、それによって不動産価格が上昇すると考えられるのです。また、景気が良くなることによって賃料が上昇することも想定されます。

このようなことがあって、不動産市況は好転していると考えられるために、金融機関は貸し倒れのリスクが小さいと判断したものと考えられます。現在のところ、頭金無しのフルローンでマンションを取得することは難しくなくなってきているようです。誰でもできるわけではありませんが、頭金は2割が基本と言われていた時代と比べると、明らかに審査は甘くなってきていますから、マンションを取得するチャンスが到来したとも言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *