マンションを買った時には保険の見直しをするべき

ローンを組んでマンションを買った時には保険の見直しをするべきです。

生命保険に加入している人は多くいますが、その目的は万が一死亡した時に、残された家族が生活できるようにするためです。ですから、それができるのであれば生命保険に加入する必要はありません。ローンを組んでマンションを買う場合には、団体信用生命保険という保険に加入しなければならないのが一般的です。この保険に加入した場合、もしも死亡した場合には保険金の給付によってローンを一括で返済できます。

ですから、もしものことがあった時には借金がなくなるわけです。借金はなくなりますが、ローンを組んで購入したマンションは残りますから、これが資産となります。残された家族は、残されたマンションに住めば居住費を支払う必要はないでしょうから、生活費は安くなりますし、マンションを売却して生活をすることもできるでしょう。このように、ローンを組んだ場合には団体生命保険への加入によって、万が一の時にも資産を残すことができます。

生命保険に加入しているのなら、見直しをして保険金を安くするのは良い方法だと考えられます。こうすることによって保険料を安くできますから、それを別の資産形成に用いるのは良い方法だと考えられます。ただ、保障の条件は保険によって異なりますから、死亡しなかった場合も考えなければなりません。ですから、医療保険には加入したままで、死亡保険を見直すというのは良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *