マンションを貸し出すときの利回りの計算

マンションを賃貸物件として貸し出すときには、それが投資として優れているのかどうかを判断するために利回りを用いることが多いです。

利回りとは、投資した資金に対する収入の割合を指し、通常は1年間で得られる収入を用います。マンションを経営する場合には、表面利回りや実質利回りと言った概念が用いられることが多いです。表面利回りは、マンションの賃料収入と投資金額を元にして計算するのが一般的です。ですから、計算式は「年間の賃料収入÷物件価格×100」となります。実際には出て行くお金もありますから、利回りとしてはかなり適当な計算になります。

ただ、計算は非常に簡単ですから、物件を購入するかどうかを比較する際に用いると便利です。大まかに比較する際に用いるものだと考えればわかりやすいでしょう。経営をするためには、共用部分の管理や税金などの維持費や、取得するときの諸費用などがかかってきます。これらを考慮したのが実質利回りです。計算式で書けば、「(年間の賃料収入-年間の維持費)÷(物件価格+取得にかかった諸費用)」となります。

実質利回りのほうが現実的な利回りに近いことがわかるでしょう。ローンを組む場合には、自己資金を安く抑えることができます。投資としてみた場合には、物件価格を分母とするよりも、自己資金を分母としたほうが良いでしょう。ローンを組むことによって自己資金は低くなりますから、その分だけ投資としての利回りは高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *