マンションで賃料を得るための収支計画

マンションを賃貸として他の人に貸すことで、賃料収入を得ることができます。

ですから、もしも住んでいないマンションがあるのなら、賃貸物件として利用するのは良い方法だと考えられます。賃貸経営を行うためには収支計画をきちんと立てておかなければなりません。そのためには、入ってくる金額と出て行く金額とをきちんと把握しておく必要があるでしょう。まず入ってくる金額についてですが、これは賃料や管理費、あるいは共益費と呼ばれるものです。これらは毎月入ってきますから、収支計画を立てるときの中心となります。

一時的に入ってくるものとしては礼金や更新料があります。敷金などは一時的には入ってきますが、これは預かっているだけですから、最終的には返還しなければならないのが一般的です。修繕費用やクリーニング費用に当てることもありますから、退去するまでは使わずに確保しておくことが必要となります。出て行くお金としては、マンションの管理費や、管理会社に支払う管理費などがあります。

また、ローンをまだ支払っている途中であれば、それも出て行くお金として計上してお置かなければなりません。一時的に出ていくものとしては仲介手数料があります。管理会社に入居募集を依頼することが多いですが、入居者が決まった時には仲介手数料を支払わなければなりません。最大で賃料の1ヶ月分が要求されます。その他には火災保険に加入していれば、保険料を毎月支払わなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *