サブリースは一定賃料を得ることができます

サブリースは集合住宅を管理する方法の一つで、オーナーはアパートなど集合住宅をサブリース会社に貸付し、会社は借上した住宅を入居者に又貸ししながら賃料収入を得るものです。

オーナーは空室状態に関係なく、会社から手数料を引いた収入を得ることができます。もともとオーナーと会社との借契約をマスターリースや一括借上と呼んでいました。会社と入居者の転貸契約をサブリースと呼ぶようになり、実際物件が転貸され物件オーナーが一定賃料を得るシステム自体のことを指すのが一般的です。サブリースにはいろいろなメリットがあり、安定した収益を得ることができます。不動産投資のリスクとして収入を得られないケースがあり、空室率増加や入居者の滞納といったトラブルが予想されるでしょう。しかしサブリースを利用すると一定賃料を得ることができるので安心です。オーナーの管理運営に時間や手間かからないこともメリットです。

入居者にとって借主は会社になるので、入金管理や入居者の対応、契約手続きといった管理業務について、一括して会社が行ってくれます。委託費用は必要になりますが、すべてプロに運営を依頼することが可能です。しかし自主管理や通常の不動産管理の委託と比較すると、収益の最大化が予測しづらいこともあげられます。収益力低下や賃料減額などのリスクがあるので、会社から提示される計画をきちんと吟味しながら、自分も計画を考慮しながら判断することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *