サブリースはシュミレーションが重要です

テレビやメディアでは、賃貸マンションやアパート経営には、「一括借り上げで家賃保証」という言葉が出てきます。

これはサブリースと呼ばれる仕組みのもので、地主やオーナーの空室対策や諸手続きの負担を委託会社が行なうと同時に空室があっても家賃をオーナー側に支払う仕組みです。高齢で賃貸経営が困難なオーナーや、日々の仕事が忙しくなかなか賃貸経営に時間を使うことの出来ないオーナーには魅力的です。確かにアパート経営などでは、一番頭が痛いのは空室対策で空室期間が長くなると大きく家賃収益に影響が出てきます。仲介業者に新しい入居者募集を依頼しても、どこまで親身になって探してくれるのかも不安です。

そんな時にはサブリース契約は安心できて、多くの委託会社は不動産の仲介業も手掛けている場合が多く、新しい入居者を早く見つけてくれる可能性も期待できます。ですが実際にはサブリースについては様々なトラブルが報告されていて、そのうちの一つが家賃の減額請求で、中には10年据え置きなのに途中で減額されたり、予定以上の減額を請求されたというトラブルもあります。将来的な補修やリフォームなども義務化されているケースもあります。委託会社からのセールストークだけではなく、様々なケースを想定してサブリース契約の前に自らアパート経営を行なう場合と、サブリースを利用する場合のシュミレーションを一度作ってみて、具体的な10年間程度の家賃収益を組み立てる事が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *