サブリースはメリットばかりじゃないです

高齢者のオーナーや仕事をしながら不動産投資をしている人にとって、様々な手続きなどを全て任せられるサブリースはなかなか重宝出来るシステムです。

オーナーには賃貸している部屋が引っ越しなどで空室になってしまうと、不動産の仲介業者などに依頼をして新しい入居者を見つけてもらわないと、家賃収入がなくてとても困ってしまいます。時期によっては、数ヶ月も入居者が決まらない事も考えられますので。最近、注目されているサブリースは一括借り上げシステムですから、仮に空室になっても家賃が定期的に入ってきてとても安心です。多くのサブリース業者は自社で不動産の仲介なども行っていますからその点でも安心です。

アパートやマンションのオーナーなら、家賃滞納などのトラブルも不安で、そんな時でも任せっきりなので心配ないです。ですがメリットばかりではなくいくつかのデメリットも想定しておかなければならないです。それは定期的に提案される家賃変更で、10年据え置きと初めに言われても実際には6年目に家賃の減額を請求されたりするリスクもあります。契約によっては、定期的な修繕やリフォームなども要請される場合があり、しかも業者まで固定されていると割高な費用が必要になる可能性もあります。サブリースを利用する事はメリットもありますが、実際に最近は少しずつトラブルなども発生していますので、業者の一方的な口ぐるまに乗せられずにきちんと契約書を確認してから利用を決める事が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *