サブリースは賃貸借契約の一種です

サブリースは賃貸借契約なので、借地借家法に借主と貸主の権利・義務が規定されています。

例えば借主には原状回復義務があるため、契約が終了したら通常の使用を超えるような損耗や毀損などを復旧する必要があります。貸主には修繕義務が定められており、物件において何らかの故障などが生じた場合は貸主の負担で直します。賃料については借主からの減額請求と貸主による増額請求が、借地借家法によって認められています。不動産管理会社は一般的な相場と比較して家賃が高い場合に、減額を請求できます。借地借家法は弱い立場にある借主を守るための法律で、サブリース契約で守られているのは管理会社です。オーナーは立場の強い貸主なので、不動産管理会社を相手に裁判を起こしても勝つのが難しいという点を理解する必要があります。

サブリース契約を締結すると物件の管理を任せることができ、一定期間にわたって家賃収入が保証されます。しかし市場の状況が変われば家賃が減額されることもあるので注意が必要です。契約を締結する前に内容をしっかりと理解しておけば、後に減額を請求されてもトラブルになるのを回避できます。借地借家法で定められている賃貸借契約には普通借家契約と定期借家契約の2種類が存在します。前者は更新がありますが、後者は更新がなく契約期間が満了すれば退去する必要があります。普通借家契約では借主の権利が強く守られており、一方的の退去を求める場合は立ち退き料が必要になるのが通常です。サブリース契約は普通借家契約で行われるので、不動産管理会社の権利が法律によって強く守られているという特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *