サブリース契約を締結する場合の注意点

サブリースはマンションなどの賃貸物件を管理する形態の一種で、オーナーは不動産管理会社と転貸借契約を締結します。

オーナーはアパートなどの集合住宅を不動産管理会社に一定の賃料で一括して貸し付け、不動産管理会社は借り上げた物件を入居者に転貸して収入を得ます。空室の状況に関わらずオーナーは不動産管理会社への手数料を差し引いた額を毎月得ることができます。賃貸物件のオーナーと不動産管理会社の賃貸借契約は、マスターリースや一括借り上げと呼ばれます。本来のサブリースとは不動産管理会社と転借人との間の転貸借契約を指す言葉です。一般的には賃貸物件を転貸してオーナーが一定の賃料を得るシステムが、サブリースや一括借り上げと呼ばれています。

サブリース契約を締結すれば、オーナーは煩雑な管理作業から解放され毎月安定した収入を得ることができます。空室率の増減や入居者の滞納に関わらず一定の賃料を受け取ることができるというメリットがあります。この方法にはメリットだけでなくデメリットもあるので注意しなければなりません。例えば入居希望者が多く満室状態になったとしても、契約で定められた金額しか支払われないため収益の最大化を図ることができません。また賃料が保証されるのは契約期間に限られており、更新時には改定されることもあります。さらに入居者退去後の原状回復や、約10年ごとに行われる大規模修繕の費用はオーナーが負担するのが通常です。サブリースは便利な賃貸物件の運営方法ですが、デメリットもしっかり理解した上で契約を締結する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *