サブリースで空き室リスクを回避

賃貸住宅の経営は安定度の高い不動産投資として人気がありますが、当然ながらリスクもあります。

入居者を募集しても思ったように集まらなければ空き室が埋まらず、家賃収入を得ることができません。しかし、工夫次第ではこうしたリスクを避けることもできます。その手段の1つとして挙げられるのが、サブリースを利用することです。サブリースとは、転貸や又貸しを意味する不動産用語です。具体的には、賃貸住宅のオーナーがまず不動産会社に物件を貸し、不動産会社はそれを実際の入居者に転貸するというシステムです。オーナーに支払うリース料と入居者から徴収する家賃の差額が、不動産会社の収入となります。入居者の募集や個々の入居契約などは、すべてオーナーではなく不動産会社側が行います。

サブリースを利用すれば、オーナーの許には毎月一定額のリース料が入ってきます。つまり、物件の稼働状況に関係なく安定した収入が得られることになります。もちろんその額は、仮に満室であれば同じ家賃水準で自ら直接運営する場合よりも低くなりますが、毎月の入金額が空き室数の増減に左右されないという点は大きなメリットとなります。加えて、入居者からの家賃の収納も直接行わなくて済むようになるため、オーナーにとっては滞納による貸し倒れリスクを回避できるというメリットも生まれます。督促や無断退去者の追跡といった作業は、すべて不動産会社が自らの責任において行うようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *